友井雄亮のDV報道!誓約書の全文の内容が、犯罪級でドン引きw

ちりとてちんや仮面ライダーアギトへの出演で知られる、友井雄亮さん。歌謡グループ「純烈」として紅白歌合戦にも出場した彼ですが、つい先日「DV」で注目を集めてしまいましたね。

と、いうわけで本日は友井雄亮さんのDVの事実を裏付ける「誓約書の内容全文」ついての特集です!

 

誓約書の公開で「相手の女性」が現在どうなっているかについても解説していきますので、どうぞご覧ください!

友井雄亮の誓約書の内容全文を週刊文春が報道!

友井雄亮私、牧山雄亮(※友井の本名)はA子さんと結婚を前提に同棲生活をしている間に過激な暴力を振るい、頭、手首、太ももに大怪我を負わせてしまいました。(中略)度重なる浮気をし、あげく暴言を吐き(中略)ご両親と結婚するまでは子供を作らないと約束もしたのに、A子さんを妊娠させ、流産させてしまい、その傷ついた体と心に輪をかけるように「逆によかったやん」といたわる事もせず、ひどい言葉で深く傷つけてしまいました
出典:http://bunshun.jp/

つい先日週刊文春で友井雄亮さんの誓約書の一部が公開されました。

 

 

この内容は途中に中略と書かれている通り「全文」ではないのですが、これだけでもかなり酷いDVを行っていたことがわかります。

そして誓約書には「平成28年5月23日」と記載があり、今までこの事実が隠されてきたことも示されています。他人のプライベートを明らかにしすぎて反感を買うことの多い週刊文春ですが、今回は「よくやった!」と感じている方も多いのではないでしょうか?

 

現在、誓約書の内容全文は公開されてはいませんが、文春は全文を知っている可能性が高いような気がします。

全文を公開していないのはプライバイシーに配慮している結果なのか、それともあえて小出しにしているのかちょっと不明ではありますが、もし知っているならばなぜ公開しないのかという理由を発表してほしいような気もしますね。

DV誓約書公開のせいでA子さんの現在が……

このDVの誓約書のせいで、生活が激変してしまった人がいます。当時の被害者である「A子」さんです。

今回の誓約書流出は、A子さんによるものではないか?と推測している方も多いようですが、それは違います。どちらかと言えばA子さんは、過去を掘り返さず静かに生活したかった様子。

弁護士を通して以下のような話をマスコミ関係に送っていることから、彼女は本当に今回のリークには無関係なのでしょう。

今回問題となっているDV被害に関して、平成28年に友井雄亮氏が作成した誓約書が週刊誌に掲載されておりますが、この誓約書に関しては友井雄亮氏が保管していたものが流出したものであり、誓約書の流出に関してはA子及びその関係者は全く関与しておりません

出典:http://news.livedoor.com/

現在、一部の人達がA子さんを特定し彼女のSNS等に対し誹謗中傷を送ったり等もおきているそうです。

 

「どうして被害者であるA子さんが誹謗中傷を受けないといけないの?」と思われるかもしれませんが、実はこれは意外とよくあるケースだったりします。

友井雄亮
出典:https://usaponn.com/

わかりやすく言うと、今回の加害者である友井雄亮さんがアイドル的存在だったから。こうしたアイドルの不祥事は、どうしても被害者に「あなたが余計なことを言うせいで活動続けれなくなった責任はどうとるつもり?」というような声がぶつけられてしまうものなのですね。

実際、友井雄亮さんが芸能界引退を発表したとはいえ、今A子さんを責めるのは本当にお門違いだと言えるでしょう。

今回の報道は当然、確実に彼の所属していたグループ「純烈」にも影響は出ています。そのせいで、いろいろなところで「善悪の分別のつかないファン」の声があがったりもしていますので、A子さんへの負担は相当なものだと言えるでしょう。

 

今回の報道のせいで、また被害者となってしまったA子さん。「闇に葬られそうだったDVを明らかにした」文春でしたが、A子さんに対しては何も配慮できていなかったということですね。

あのマツコ・デラックスさんも以下のようにコメントを出しています。

続いて発言したマツコは「本人(A子さん)のところに確認がいったのかいってないのかってすら分からない」とした上で「もちろん彼のしたことは悪いし、この報道自体をするなって言ってるわけじゃないんだけれども、もしその手順を踏んでないんだとしたら相当メチャクチャよね、やってることが。そこは許されてるとするんであるならば、週刊誌だけじゃなく私たちも反省しなきゃいけないところはあるんだけど、メディアに出ている人間同士でやり合うんだったらいいけど、そうじゃない人っていうのって軽々しく触れるべきではないと思うのよ。ちょっとやり過ぎではあるよね」と一般人を巻き込む報道のあり方に疑問を呈していた。

出典:https://news.merumo.ne.jp

このマツコさんの意見は、本当に的を得た意見だと私は思います。

まとめ

今回の報道は、一般人と芸能人の関係の悪い形を世に知らしめたものとなりました。

被害者であるA子さんは一般人。

そしてそのA子さんを誹謗中傷する人たちも一般人。

 

たった一つの報道で、ここまで人が傷つき、多くの人が流されたということですね。

そしてまた、今の状況は、DVという問題の難しさも表しているような気もします。黙っていても駄目、でも公表のしかたを間違えば被害者にさらなる負担をかけてしまう。

なかなか終わりそうにもないこの話は、もう誰もが納得できる形には収まるということはありえないほどこじれてしまったのではないでしょうか?