【文春砲】ヒカルのセクハラ相手のA子は特定された?名前や画像は?

炎上など日常茶飯事、カリスマYouTuberのヒカルさんがまた炎上しています。

どうやら彼は、ファンの女性にネットセクハラを行い「文春砲(週刊文春にスクープされてしまうこと)」をくらったとか。

しかもその相手女性A子さんが特定され、ヤバすぎるツイート画像や顔画像なども流出……。

 

さすがヒカルさんといった感じですね!

でもヒカルさんからすれば今回のスキャンダルなんて、別に大したダメージでは無いような気もしますが……。

と、いうわけで本日は大人気カリスマYouTuberヒカルさんのセクハラ特集です!A子さんの画像だけでなく、自らネットセクハラについて語る生放送の動画も要しましたので、どうぞご覧ください!

ヒカルの「文春砲で暴露されたセクハラ相手」を特定!?

それではまず、本題に入る前にヒカルさんの「女性観」がわかる本人のツイートを見ていきましょう。


見ての通り、ヒカルさんは「リスナーに対する気持ち悪いセクハラ」が全然ありであるような発言を残しているのですね。

そして今回の炎上ネタはこちら。

 関西在住のA子さん(24)は忸怩たる思いを口にする。

「下着姿や全裸の画像を送れと言われて、つい送ってしまったんです。送らなければよかった……。一度でも要求を断ってしまうと嫌われて縁を切られるのではないか、という思い込みから、嫌な気持ちを殺して、応えるようにしていました」

A子さんは2018年11月24日に大阪のイベントホールで行われたヒカルの“チェキ会(撮影会)”に参加。その日の夜、ヒカルのTwitterアカウントの1つである“ただのカリスマ”から「今日はありがとうな」とダイレクトメッセージ(DM)が来たという。

ネットの“カリスマ”からの特別扱いに舞い上がったA子さんはすぐに返信。しかし、やりとりをしていくうちに、ヒカルからのメッセージが〈お前は俺の奴隷。わかった?〉〈調教おねだりしてみろ〉〈俺のためにえっちな写メ送れ、見てあげるから〉といった卑猥な内容ばかりになったという。

ヒカルの要求はさらにエスカレート。結局、A子さんは下着姿や全裸の写真を送ってしまった。今でもヒカルの手元に写真が残っていることに恐怖を感じているという。

出典:http://bunshun.jp/

そしてこのセクハラに対するヒカルさん所属の事務所VASの反応がこちら。

1月11日、ヒカル本人に直撃取材をしたが、小誌記者の問いかけには無言。所属事務所である株式会社VAZは「所属クリエイターのプライベートについては本人に任せております」と回答した。

出典:http://bunshun.jp/

本当に気持ち悪い内容のDMやLINE画像まで公開されてしまった今回のセクハラ事件を見て、驚いた人は多数いるでしょう。

 

ただ、冒頭で紹介したようなヒカルさんがどんな人物か知ってる人からすれば「ヒカルならやりそう」と言ったところでしょうか。今まで数々の炎上をネタにしさらに炎上をかぶせて切り抜けてきた、百戦錬磨のヒカルさん。この程度の内容の炎上など、どうってことなさそうです。

 

というか、すでにヒカルさん、このトラブルに対して物申し系YouTuberシバターさんが出した動画を「天才かこのおっさんw」と楽しそうにリツイートして広めていますからね……。

それではここから、ヒカルさんが暴露された様々な画像、そして特定されたという女性について掘り下げていきましょう!

特定されたA子の顔、twitter画像動画!

今回のお相手であるA子さんの顔はこちら。

彼女がYouTubeの「コレコレチャンネル」で行われた生放送にスカイプで登場した時の写真ですね。

ヒカルセクハラ
出典:https://www.youtube.com/watch?time_continue=1340&v=3qKel9ok5fE

なんと彼女はtwitterアカウントまで特定されており以下のような暴露ツイートが、ネット上のあちこちにさらされています。

ヒカルセクハラ
出典:https://twitter.com/oboeteroyo_

ちなみに彼女が登場した生放送がこちら。この放送では他の話題もいろいろ話されていますが、ヒカルさんの話題(2:27秒頃~)から再生できるようにしておきましたのでどうぞご覧ください。

この動画の中ではA子さん本人が喋りながら、ヒカルさんとのDMでのヤバイやりとりなどを晒していたりします。この態度を見ると彼女もなかなかの性格の持ち主であることがわかりますね。

 

A子さんが批判されている理由もわからなくもない気がします。放送中のチャットでもA子さんはかなり叩かれていましたよね。

まとめ

なんだか今回のセクハラ騒動は、普通の人なら炎上、ヒカルさんなら通常運転という感じがしますね。

彼のファンはいまさらこのくらいのことでは、驚かないのではないでしょうか?

 

週刊文春もヒカルさんをネタにするなら、もう少し凄いネタを持ってきてもらいたい気もします。しかしヒカルさんって本当にメンタル強いですよね。