ちぃたんとはなにか?しんじょう君との関係に亀裂、活動停止の危機

現在、須崎市(高知)より「著作権を侵害しているから活動停止しろ」と言われているゆるキャラが存在する。

その名は……ちぃたん☆

そして現在ちぃたん☆は、酷似したキャラクター「しんじょう君」との間に大きな問題を抱えてしまっています。

 

  • いったいちぃたん☆とはなんなのか?
  • しんじょう君とはなにものなのか?
  • ちぃたん☆としんじょう君はどちらが後発なのか?
  • しんじょう君のイケダハヤトハッキングブログとは?
  • 実はちぃたん☆が須崎市の観光大使を努めていたという事実はない?

 

などなど、本日はゆるキャラ界を震撼させた、二匹のカワウソについて徹底的に特集していきます。現在勃発中の著作権問題を正しく把握するために、当特集を役立てていただければ幸いです。

ちぃたんとは?Wikipediaは存在しない?

ちぃたんとはなにか?

コツメカワウソをモチーフとした愛らしい姿、頭に乗っている相棒の「カメちゃん」と「おおむね成功です☆」の決め台詞と共に過激なパフォーマンスを繰り広げ一躍有名になった、ゆるキャラ界の超大物。それがコツメカワウソの妖精の赤ちゃん「ちぃたん☆」です。

その過激すぎる存在感に「ふなっしー再来」とも言われたちぃたん☆。そのインパクトは「やりすぎふなっしー」とも言えるほどであることは、以下の動画を見ていただければよく分かるかと思います。

ちぃたん☆は現在YouTubeチャンネルの登録者が28万人を越えているにもかかわらず、まだWikipediaが作られていません。プロフィール等は公式ページにまとめられていますのでそちらを参照するのが良いでしょう。

実在するカワウソちぃたん☆のみんなに会いたいという強い思いが叶い、2017年12月15日に妖精として誕生。
永遠の0歳で年を取りません。

好きなこと:ミルクとお手伝い。褒めてもらうこと。

性別:妖精なので性別はない

頭の帽子はペットで名前はカメちゃん。

性格:元気いっぱいのカワウソが大きくなったので更に元気いっぱいでオテンバに。
人なつっこい。貰ったものに対して全力で遊ぶ。ちぃたん☆はこれが普通だと思っている。
近所の子供たちと仲良し。

悩み事:ずっと0歳で子供の心を持っているので、近所の子供たちが大人になって遊んでくれなくなったら寂しいと思っている。

特技:運動、怖い人でも路上喫煙などに注意できる。

夢:世界中の人に笑顔になってもらいたい。

嫌いなこと:怒られること。

楽しみなこと:一日30円のおこづかいを貯めてお菓子やジュースを買うこと

出典:ちぃたん☆公式ページより

現在ちぃたん☆は、smart、ポップティーンで専属モデルを努めていたり、秋葉原観光推進協会の公認キャラクターであったりと、様々な「立場」も手に入れている実力派なゆるキャラでもあります。

しんじょう君とは?ちぃたん☆との関係はデザイナーつながり?

実は日本には、そんなちぃたん☆によく似たキャラクターが存在します。

その名は、しんじょう君。

しんじょう君はニホンカワウソがモチーフ。(ちぃたん☆はコツメカワウソ)

そして頭に乗っているのは鍋焼きラーメン。(ちぃたん☆はカメちゃん)

と、いくつかの違いはあるものの並べてみると驚くほどそっくりなんです。

 

実はこのしんじょう君は二代目であり、今のデザインは公募からの総選挙で選ばれたものなのですね。

そしてデザイナーはちぃたん☆とそっくりの姿を見ての通り、ちぃたん☆のデザイナーさんと同じ人が担当しています。(デザイナー情報はまだ明らかになっておりません。)

 

そしてなんと2016年にはゆるキャラグランプリで1位に輝いています。

活動の主な内容は。須崎市のPR。実はしんじょう君は「 須崎市で最後に目撃されたニホンカワウソ」をモチーフにしたキャラクター。頭に乗っている鍋焼きラーメンも須崎市の名物だったりするのです。

ちぃたん☆としんじょう君は共に須崎市の観光大使を経験?

ちぃたんはかつて、しんじょう君の地元である須崎市の観光大使をつとめていたことがありました。ですがその役目は苦情により解任されています。

 

この解任に対しちぃたん☆は以下のようなコメントを残しています。

──今回の須崎市の解任決定に反論はあるか。
「ありませんっ☆ 須崎市が大好きなのでこれからもお役に立てることがあればやっていきたいですっ☆」

出典:https://www.news-postseven.com

そして須崎市からは以下のようなコメント。

「1月17日をもって観光大使を解職させていただくことになりました。動物愛護団体等から苦情があり、電話や文書で対応したのは事実です。キャラクターとはいえ、小動物を観光大使に据え、PRしてもらうことには無理がありました」

出典:http://bunshun.jp

この共演が続かなかったことには多くの人が残念がっていましたね。と、ここでちょっと注意しなければならないことがあります。

実はここで解任されたのは、本日の主役であるゆるキャラ「ちぃたん☆」ではありません。解任されたのは本物カワウソのちぃたんであり、ゆるキャラちぃたん☆は自称観光大使で須崎市からの任命などは全くされていません。

ちょっとややこしいですが、観光大使であったのはちぃたん☆のモデルとなった本物のコツメカワウソのちぃたんなのですね。

 「ちぃたん☆」はモデルになった同名のコツメカワウソがおり、昨年1月に実際の動物の方が須崎市の観光大使に任命された。ところが、同時期に誕生したゆるキャラも大使を自称し始め、草刈り機を振り回すなど過激な動画で人気を集める一方、「危ない」などと批判も高まっていた。

ゆるキャラの「ちぃたん☆」は「しんじょう君」と同じデザイナーが手掛け、外見はそっくり。混同されて困った市は1月17日、動物の方の大使を解任した。

出典:朝日新聞デジタル

 市によると、ちぃたん☆の関係者から観光大使の就任打診があり、市は昨年1月、カワウソのちぃたん☆に大使を委嘱したという。しかし、同名のゆるキャラも同様に大使を名乗るようになり、市は「須崎のPRにつながるなら」と黙認していた。

出典:https://mainichi.jp

ここを勘違いしてしまうと、ちぃたん☆としんじょう君の間の問題を取り違えてしまいますので、注意しましょう。

しんじょう君ブログ「イケダハヤト」回

しんじょう君もちぃたん☆ほどではないですが、ブログでちょっと過激なこと(以下参照)をしていたりするゆるキャラ。

 

その中でもなかなか過激なネタだったのは、この「イケダハヤトハッキング回」じゃないでしょうか?

イケダハヤトハッキング回

イケダハヤトさんという人選もなかなかすごいですが、そこに「ハッキング」というネタをかぶせるのはもうちょっとやりすぎな気がします。

アンチがとても多い人物として知られているイケダハヤトさんとのコラボは、なかなか「ゆるキャラなのにゆるくないコラボ」でしたね。

しんじょう君にイケダハヤトさんとコラボさせるという運営の発想には、本当に驚かされました。しかししんじょう君との共演は、イケダハヤトさんの「毒」が全然感じられませんでしたね。

それもこれも、しんじょう君のもつどことなく優しい雰囲気のなす技かもれません。

しんじょう君は、イケダハヤトさんとコラボしてもふんわりさせてしまう本物のゆるキャラと言えるでしょう。

しんじょう君に酷似したちぃたん☆は「後発」

ここで注目しておきたいのは、しんじょう君とちぃたん☆どちらが後発なのかということです。

 

これは以下のソースの通り、はっきりとちぃたん☆が後からでてきたということがわかっています。

須崎市には「しんじょう君」というゆるキャラがいた。モデルは同市を流れる「新荘川」で最後に確認されたニホンカワウソで、『ゆるキャラグランプリ2016』のグランプリを獲得している人気者である。

それに注目した東京の芸能事務所が、しんじょう君と同じデザイナーにちぃたん☆のデザインを依頼。しんじょう君そっくりなちぃたん☆が誕生した。

出典:https://www.news-postseven.com

活動停止?ちぃたん☆はしんじょう君の著作権を侵害か?

ちぃたん☆としんじょう君は以下の動画のように何度も共演してきた、友達でした。

ちぃたん☆公式Twitterにも「しんじょう君お友達。」と明記されているのをご存知のかたも多いと思います。

ちぃたん☆
出典:https://twitter.com/love2chiitan

ですが現在、しんじょう君をオフィシャルマスコットとする須崎市がちぃたん☆に活動停止を要請していたりするのです。

ちぃたん☆問題は芸能事務所クリーブラッツ社にあるのか?

ちぃたんしんじょう君
出典:http://news.livedoor.com

事の経緯は須崎市のホームページにてPDFで配布されています。

クリーブラッツ社への対応について

クリーブラッツ社というのは、ちぃたん☆の権利を有する芸能事務所のことですね。内容を簡単にまとめると以下の通り。

  • しんじょう君は須崎市が著作権者である
  • ちぃたんはしんじょう君に似せられて作られたものである
  • しんじょう君は商標登録済みである
  • ちぃたん☆がしんじょう君の後に提出した商標登録は「しんじょう君に酷似している」という理由で拒絶されている
  • ちぃたん☆はしんじょう君の著作権を侵害している
  • クリーブラッツ社は国内外で須崎市に無断で商標出願をしている
  • 現在はクリーブラッツ社の代理人(弁護士)と話し合い中

こうした背景から、現在の批判はクリーブラッツ社に集まっているようです。ちなみにクリーブラッツ社は知る人ぞ知る超個性派、最強の地下アイドル「仮面女子」の事務所でもありますね。

今回の騒動、須崎市の相手がクリーブラッツ社という時点で「あ~」となる人もいるところが、なんともいたたまれないところです。

まとめ

人気のゆるキャラを巻き込んだ今回の問題。

ちぃたん☆もしんじょう君も個性の強さも加わり、ゆるキャラ界前代未聞の大騒動となりそうです。一体この決着はどうつくのか。

ちぃたん☆は現在「アニメ化」も控えている状態。もし活動停止となると、様々なところへ影響を出してしまうことでしょう。

※現在こちらのアニメは「放送見合わせ」となってしまいました。

最悪ちぃたん☆が消えてしまう可能性すらあるこの問題。ファンはただ嘆くのではなく「誰が悪いのか」ということをしっかりと考えていかなければならないのかもしれません。

ちぃたん☆は過激なメンばかりがピックアップされていますが、以下のように「生きているだけでおおむね成功です☆」と多くの人に勇気を与えてきた存在・

そしてしんじょう君も、ちぃたん☆と一緒に体を張ってきたファンを喜ばせることを第一にしてきたゆるキャラ。

この二人がこんな「大人の事情」に巻き込まれていくのを見ているのは、本当に胸が痛みますね。なんだかあの「けものフレンズ騒動(監督と会社など制作側での問題が露呈しファンの間で大きな亀裂が入った騒動)」を思い出してしまう気がしますね。

キャラクターに罪はない。

この言葉はキャラクターの運営サイドが、一番意識しなければいけない言葉なのかもしれません。