スクショが著作権侵害に「例:FGOのスクショをSNSでアップ保存は違法」

現在世間を揺るがせている大ニュース、スクショが著作権侵害になるかも問題。

現在発表されている内容について正しく理解できている人はとても少なく、かなりの人数が混乱してしまっています。

 

ツイッターなどのSNS上でよく目にする有名アプリゲーム(FGOなど)のスクショの公開や保存は大丈夫なのか?

アニメや映画の実況、会話中のネタなどで使われるスクショは大丈夫なのか?

ジャニーズファンが嵐の番組出演画像を貼って大喜びするのは違法なのか?

くら寿司ゴミ箱動画のような「バカスタグラム拡散」もアウトなのか?

 

 

本日は、やりすぎだと多くの人が声を上げている著作権法の改正案について特集していきます。

「FGOで神引きしたからスクショ→Twitter公開」は著作権違反なのか?

ゲームやアニメ、映画のスクリーンショットをTwitter等のSNS上で公開するという行為は当たり前に行われています。

有名ゲームや有名アニメ、こうしたもののワンシーンがスクショでネット上に公開される事自体に言及する人は少なく、せいぜい「ネタバレするな」と怒られるのをたまに見かける程度ですね。

それが動画での公開であろうと、著作権違反であるというような指摘は、ほとんど行われてきませんでした。

二次元のものだろうが、実写のものだろうが取り巻く環境には大差ありません。

スクショではなく、テレビの画面をそのまま撮影するという手法もありますがこれについて怒っている人も殆ど存在しませんね。

こうしたスクショや動画を公開することに、罰則があるかもしれないという危機感を持っている人などごく僅かなのではないでしょうか?

 

そんな中、衝撃の報道が。

 著作権を侵害していると知りながら、インターネット上にある漫画や写真、論文などあらゆるコンテンツをダウンロードすることを全面的に違法とする方針が13日、文化審議会著作権分科会で了承された。「スクリーンショット」も対象となり、一般のネット利用に影響が大きいことから反対意見が出ていた。悪質な行為には罰則もつける方向で、文化庁は開会中の通常国会に著作権法の改正案を提出する。早ければ来年から施行となる見込み。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000035-asahi-pol

しっかり読み解いていくと、この話はまだ決定ではなくいろいろと審議中であることがわかります。

また、こちらの法案は一歩間違えたら多くの一般人を混乱に陥れるため慎重に審議中、そして刑事罰は悪質なものに限定するつもりなどいろいろ考え中であることも同時に報じられています。

ただ、このニュースは内容が内容であること、そして大手のニュースサイトが「スクショも違法」という言葉が目立つセンセーショナルなタイトルで大々的に報じてしまったせいで多くの人を不安にさせてしまいました。

 

 

例えば有名アプリゲームであるFGO(Fate/Grand Order)のユーザーの間では、ゲーム内でのガチャの結果などをSNS上にスクショで公開するという文化ができあがっています。

もしこの改正案が通ってしまったら、それすらもできなくなるのではという声が多数上がっているのです。

ただ現在は先程も話したとおり、この改正案は審議中でありまだ「方針決定」しただけの状態。何が違法となるかは、これから具体的になっていくことだということは忘れてはいけません。

 

余談ですがFGOのスクショの著作権問題については、かつてファンの間でちょっと論争になりましたね。

この当時は、スクショが著作権違反だと指摘する人はなんだかんだ全体から見れば少数でしたが、今回報道のせいで一気に増えてしまいそうな気配がありますね。

スクショの保存も違法なのか?

今回の方針の中には、スクショの保存も違法にするという事が含まれています。ただそちらは「著作権を侵害している画面を保存する」という限定がついているようです。

この禁止行為で影響が見られるのは、ネット上定番の「晒し行為」でしょう。

 

この改正案が通ってしまえば「著作権違反しているやつ見つけた!」と、スクショを撮ってドヤ顔で晒そうとする人が出てくるのは簡単に予想されますからね。

ただそのスクショの中に、著作権違反画像が入っていたらそれもアウト。そうなるかもしれないというのが、こんかいの改正案のようです。

 

この報道を受けて、最近流行しているバカスタグラム動画の晒し行為ができなくなるのではないかという心配の声も上がっています。

それにより現在くら寿司などがとっている「バカスタグラマー対策」が、大きく阻害されるのではないかという話ですね。

 

現在改正案が完全に決まっていない上、曖昧なことしか言えませんがこうした個人を晒す行為は著作権違反とは別の問題になるということは、少し考えれば分かるかと思います。

どこまでを著作権の発生する制作物と見るかは難しいですが、流石にくら寿司の厨房でアルバイトが魚をゴミ箱に捨てる動画が著作権を主張できるとは思えませんからね……。

まとめ

現在問題なのは、この話がまだ可決されていないものであることにあります。

 

著作権の話は非常に複雑で、簡単には理解出来ないもの。有名漫画家の赤松健さんも訴えている通り今必要なのは国側がわかりやすく解説することでしょう。

事実、今ネット上ではこの報道を勘違いした人が「スクショは全面アウト」と発言し、それを見た人がさらに勘違いをして拡散しと、どんどんと正しい情報がわからなくなっています。

これから勘違いした「批判」や「個人攻撃」なども起きてしまうことでしょう。

 

なんだかこういう「大元がわかりやすい情報を出さないから混乱する」パターン、本当に最近多いですよね。

けものフレンズ騒動だとか、YouTuberわかにゃん騒動だとか……。どれも情報を持っている側が問題だけユーザーに放り投げて、曖昧なまま終わろうとしているからゴチャゴチャしてしまっている問題ですよね。

 

まぁ今回はその問題が、国側からの法律の話であり、それを報じる大手ニュースサイトの報じ方も勘違いさせやすい雰囲気であったというところが余計たちが悪い気がしますが。