犬蹴るおばさん特定の川村紫さんの顔画像に対するド正論に拍手喝采

犬蹴るおばさんから、被害犬「零」を救い出した紫友会の川村紫さん。

そんな彼女の顔画像、顔写真に対する「ド正論」が高い評価を受けています。

現在彼女の顔写真はネットで「可愛い!」「キレイ!」「川村紫さんのキレイと聞いたので調べてみました!」などと、SNSや様々なブログにて拡散中。

 

なんだか本題からそれてきてしまっている、動物虐待事件の今をお伝えしていきます。

川村紫さんは犬蹴るおばさんから零を救い出したのですが……

多くの愛犬家に衝撃を与えた、ツイッター上に公開されたある動画あります。

ードに繋いだ飼い犬を蹴飛ばすおばさん通称「犬蹴るおばさん」の動画です。(※現在投稿者は動画を削除しています。)

そしてその動画は拡散され、蹴飛ばされていた犬「零」は動物保護団体「紫友会」の川村紫さんに無事保護されたというニュースを目にした方は多いかと思います。

 

世間はこの公開されていた動画を知り、広島から現場である京都まで救出に行きしっかり守ろうとする姿勢に多くの方が感動していました。

彼女の行動は、動物だけでなく児童を含む虐待問題に対する大きな布石となったのではないでしょうか?

川村紫さんが「キレイ」だと評判に

川村紫さんの行動に感銘を受けた人たちが、動物虐待に対し様々な意見を出す。そんな素晴らしい流れが、現在ネット上のあちこちに生まれています。

ですがその一方で、多くのニュースサイトが「川村紫さんがキレイ!」と顔写真を取り上げるという事件とは無関係の話題を取り上げ、川村紫さんという存在が「美人すぎる動物愛護家」としてひとり歩きを始めてしまいました。

 

そんな現状に川村紫さんが、以下のようなメッセージを。

現在日本の動物愛護の状況は、想像以上に悪いもの。動物愛護団体を名乗っていても、全く動物を愛しておらず売名行為や集金目的だったりすることすらもあります。

そんな中、あくまで犬を守る個人であろうとする川村紫さんのこの姿勢は、高く評価されるべきではないでしょうか?

 

彼女こそが、本物の動物愛護家だと言えるでしょう。

YouTuberが犬蹴るおばさんを擁護、まさかひるおびまで?

犬を助けた人の「顔画像がキレイ」と話題になってしまうのは、なんとも現代的な感じがしますね。中にはキレイと言われて大喜びな人たちも居ますから、その良し悪しの判断は難しいところでもあります。

 

そんな現代らしい動きをしているのは、ブロガーだけではありません。炎上商法大好きなYouTuber。

動画の中では「ババア」を連呼、全体的に滑っている感じがなんとも痛々しいです。

でも、犬蹴るおばさんを養護しているのはYouTuberだけではありません。

TV番組ひるおびの報道のあり方にも、多くの方が疑問を感じてしまっているのです。

まとめ

動物虐待
出典:https://twitter.com/ZY82lrWBxhUDv3I/status/1093846740791246850

今回の問題は、動物虐待だけでなく様々な問題を掘り起こしてしまいました。今回の事件が、ネット上に晒されたことで発覚したという背景が余計にややこしくしてしまっている気がします。

 

そうした晒し行為や、犯人特定の動きはいつも正しいと言い切れるものではありません。ですが、そうした行為が「正しい結果」を導き出すこともあるということに、私達は今一度目を向けないといけないのかもしれませんね。