山本彩の歌い方嫌い!下手!移籍ソロデビュー「イチリンソウ」への障害

元NMB48の山本彩さんが、4月17日にソロデビュー曲となる「イチリンソウ」を発売します。

そんな彼女の鑑賞力は、一部では評判最悪。下手だという指摘だけでなく、歌い方が嫌いだと言う話も……。

 

なかなか厳しい意見も聞こえてくる、山本彩さんの歌。ソロデビューは一体どうなってしまうのでしょうか?

山本彩の歌唱力に疑問を持つ人達

山本彩さんは、ソロデビュー曲「イチリンソウ」から、ユニバーサルミュージックへと移籍。

本格的にソロ歌手としての活動をしようとしています。

 

そんな彼女の歌唱力は、一部で大不評。

まだ音源が発表されていない楽曲だけに「やってけるのか?」と不安に感じているファンの方たちもいるようです。

作詞作曲は山本彩本人が担当

なんとイチリンソウの作詞作曲は、山本彩さん本人が行う様子。

そこからも、彼女のシンガーソングライターとしてやっていこうという意気込みが見えますね。

 

プロデュース、編曲は亀田誠治さん。GLAY、椎名林檎、平井堅などの楽曲にも携わった超大物です。

イチリンソウへの応援の声は大きく……

山本彩
出典:https://www.youtube.com/watch?v=yhjuDX0jBwo

否定的な意見もある山本彩さんですが、それはある意味彼女の歌に強い個性があることを表しているとも言えます。

そんな彼女のデビュー報告には多くのファンが喜んでいます。

全体的に見てみると、一時期多かった歌唱力への批判はほとんど見られません。

今までアイドルとして歌ってきた状況とは、今後全く違う状況で歌う彼女。その姿が楽しみという声は今ネット上に多数上がっています。

まとめ

実際に世間の声を広く見ていくと、山本彩さんの歌唱力に批判的な人は意外と少なく、ごく一部の人だけの話題であるということがわかります。実際に聞いてみると、山本彩さんの声は本当に良く、歌唱力も高いことが分かると思うのですけどね。

こうして聞いてみると、彼女の歌声はどちらか言うとアイドルと言うよりシンガーソングライターっぽい気もしますよね。なんだか批判されているのは、アイドルっぽい楽曲に彼女の声質が合わなかった「一部」をとりあげて、叩いているのではないかと思えてきます。

 

イチリンソウ。この曲で彼女はきっと、シンガーソングライターとして華々しいデビューを飾ることでしょう。