ツイッター誤情報拡散マシーン「フィフィ」の子供が癌という話

蓮舫議員のありもしない話をツイッター上で取り上げ、それが拡散され怒られるという大快挙を成し遂げたフィフィさん。

そんな彼女のツイッターは以前から問題視されてきました。

拡散力のある芸能人が、そんなに不用意に発言して良いものかと。

反省の色があまり見えないツイッターに、多くの人が今激怒しています。

フィフィさんは、完全に誤情報拡散マシーンとなってしまいましたからね。

 

そんなフィフィさん本人にも、様々な誤情報が世間では飛び交っています。

例えば「子供が癌で亡くなっている」など。

 

本日は、また世間を騒がせてしまったフィフィさんの現在を特集していきます。

噂「フィフィは子供を癌で亡くしている」

フィフィさんのように、悪評の多いタレントには必ずありもしない噂が必ずつきまとうものです。

そんな中の一つが「フィフィは子供を癌で亡くしている」というもの。

 

こちらは以下のツイートをさらっと見て「勘違い」した人が口にしだした噂ですね。

よく読めばフィフィさんの子供の話ではないということはわかるのですが、パッと見フィフィさん本人の話だと誤解してしまいそうな見え方ではあります。

こうした見間違いから始まる誤情報はネット上にありふれており、この話に限ったことではありませんが、誤情報を流された人は嫌な思いをするものでしょう。フィフィさんはそれがよくわかっているはずなんですけどね……。

フィフィはツイッターブロック魔?

そんな自身も誤情報を流されたことがあるはずの彼女がなぜ、今回の「蓮舫議員の誤情報」を流してしまったのか……。

そして謝罪をした直後に、どうして以下のような「神経を逆なでするツイート」を公開できたのか。

あれだけの騒動を起こしておいて、このツイートは不快に思われても仕方ありませんよね。こうした配慮ができないからフィフィさんは「バズりたいだけ」だとか「言いっぱなし」だとか言われるのでしょう。

さすがにこのツイートには多数の非難が。それも仕方がない流れだと言えます。

そんなフィフィさんは多くの人をツイッターで「ブロック」することでも知られています。

ご意見番としては褒められた姿勢ではありませんね。フィフィさんがブロック魔であることは度々噂になりますが、こちらは先程の子供の話と違いちゃんと証明されている話のようですね。

 

そしてこんな噂も。

確かにこんなに問題ばかり起こすタレントを野放しにされたら、事務所ぐるみだとみられても仕方がないですね。

まとめ

本日は、ネット上の誤情報の生まれ方、怖さについての特集でした。

こうしたトラブルは、最近よく話題になるバカッター、バカスタグラムなんかでもよく見られますね。

先日も焼肉店で問題を起こした女性がいた店舗が「すたみな太郎」だと誤解され、拡散されるということがありました。(以下記事参照)

その問題はただの素人、一般人の勘違いから起きてしまったことですが、フィフィさんはプロのご意見番。

間違ったから謝罪したまではいいですが、まだ一週間も立たぬうちにあのような画像を公開したら多くの人を不快にするということくらいはちゃんと理解していけないと思うのですが……。再び見てもばっちり「いい感じに写るように」撮っちゃってますからね。

フィフィ
出典:https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/1097910527076921344

 

こうしたことを繰り返しているからこそ、彼女は炎上商法だと言われてしまうのでしょう。そんな彼女の「消した」ツイッタースクショはどんどん拡散中。そうなることもわかっていたはずですよね?