ウシジマくん最終回ネタバレ野郎に大迷惑!無料漫画、画バレ問題

とうとう最終回を迎えた、闇金ウシジマ君。

連載15年。今回が最終話であることは知られていましたので、ずっと楽しみにしていた人は多いでしょう。

仕事が終わったら読もう、学校が終わったら読もう……そんな楽しみをぶち壊すネタバレ。

 

本日はそんな、人の楽しみを壊してしまうネタバレに関する特集です。

ウシジマくんの最終回ネタバレは作者が対応済み?

ウシジマくんのネタバレは、以前大きな問題となり話題になりました。

 小学館は11月28日、著作権者に無断でYouTube上に漫画「闇金ウシジマくん」の画像や文字情報をアップロードする行為が著作権侵害に当たるとして、東京地裁が米国YouTube社に対し、投稿者情報の開示を命じる仮処分を決定したと発表した。

YouTubeなどの動画投稿サイトでは、漫画をページ送りで動画に仕立てた投稿や、吹き出しのせりふを中心にストーリーを文字情報で紹介する“ネタバレ投稿”が多くみられる。そうした動画を巡り、「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の闇金ウシジマくんの作者である真鍋昌平さんが10月4日、YouTube社に投稿者情報の開示を求める仮処分を申し立てていた。

引用:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/28/news156.html#utm_term=share_sp

作者によるネタバレ投稿への牽制。

 

残念ながらこの後も、あの手この手と手段を変えウシジマくんのネタバレサイト、動画などは出続けていきました。

※以下の動画はネタバレ動画ですので閲覧しないようにしましょう。

中には「個人の感想」と言いつつ、中身を開けてみればただただ作品の内容を追いかけるだけのネタバレだったりするものなども存在しますので注意しましょう。

違法無料漫画とは違う?ウシジマくん画バレサイト、画バレ動画とは?

昨年閉鎖となった漫画村に代表される、違法にアップロードされた漫画が無料で閲覧できるサイトは今も存在していますがその数はどんどん減っています。

取締がかなり厳しくなりましたからね。

 

ただそれは表向きの話であり、全体的に見ればまだまだ「漫画の内容の流出」は続いています。その一つが、最近よく話題になる「画バレ」でしょう。

 

がバレによくあるスタイルは、以下の動画のように、YouTubeに漫画の内容をスライドショーにしてそのままアップしてしまうもの。

※以下の動画はネタバレ動画ですので閲覧しないようにしましょう。

他にも、ウェブサイトとして運営し、画像と文章を組み合わせたネタバレをしているものもあります。

ウシジマくん画バレ
出典:Google検索結果より

ウシジマくんの画バレを売りにしたサイトもいくつか存在していますが、現在調査したところ「最終回」の画バレは更新されていません

 

更新の停止と「作者の訴えがニュースになった」時期がかぶっているサイトもあるので、ウシジマくんの作者さんが起こした行動は少なからず効果が出ているのかもしれませんね。

ウシジマくん「ツイッターネタバレ」に対する不満の声

ツイッターでは、ウシジマくんネタバレに対する不満の声が多数上がっています。

特に今回不満が多いのは、画バレ動画やサイトに対してではなく、ツイッターの個人のネタバレなどにたいするもの。ツイッター上では現在ウシジマくんの最終回の内容を書いてしまう人などが、多数いるからですね。

このようなツイッターネタバをする人の中には「嫌ならツイッターやらなきゃいいじゃん」と無茶なことを言う人達もいます。

ですがツイッターは、仕事でも使うことのあるツール。ネタバレを見たくないから見ないとできない人も多数いるということを、一度考えてもらいたいですね。

 

 

それでは現在ネット上のウシジマくんの最終回ネタバレに対する、不満の声を見ていきましょう。

ウシジマくんの最終回は大きな話題となり、ツイッターのトレンド入りを果たしました。そして。そのツイッターのトレンドからネタバレを見てしまった人もいるようですね。(私もです。)

ツイッターのトレンドなら「配慮されている」と思ってしまいますよね普通は……。

 

ネタバレを見せられたせいで、最終回を楽しみづらくなったという人も多数存在。こうしてネタバレに対する不満の声を見ていくと、本当にネタバレはしてはいけないものだということがよくわかります。

まとめ

以前から問題視されているネット上のネタバレ問題。

なんだかんだ見ていくと、一番回避できないのはツイッター上でのネタバレのような気がしますね。

ブログなどはある程度避けることも可能、ネタバレ要素のあるサイトなどで「スクロール防止」の注意書きなどをしているところもあります。

 

ただツイッターの場合は文字数が少ない分、すぐに目に入ってしまう。そのせいで、ネタバレを食らってしまう……。

ツイッター上での「アニメ実況」や「漫画のスクショ付き感想」などが当たり前に行われている今。ネタバレをしたくない人はやはり、ツイッターをやめるしか選択肢は無いのでしょうか?