Vtuber斗和キセキ嫌いのガノタにガンダム業界の大物が苦言

アストレイレッドフレーム改に似ていると一躍話題になったバーチャルYouTuber斗和キセキ

そんな彼女に対し「嫌い」だという声が続出しています。

なぜ彼女は嫌われているのか、そして本当に嫌われているのか?

 

本日は、どんどんコンテンツとしても拡大するVtuber業界の今を特集していきます。

斗和キセキ、アストレイレッドフレーム改に似ているだけでバズる

斗和キセキの背負う三角形が、アストレイレッドフレーム改に似ている。

この話題で彼女は大きくバズり、フォロワーを一瞬で数万人単位まで伸ばすという結果を出しました。

その様子を見て、一部のVtuberが「似てるだけでバズるとか羨ましい」というような声を出しています。とはいえそういう人は少なく、どちらか言うと予期せぬ事でバズった状況に対し一生懸命対応し、ネタキャラ扱いされる状況に対して奮闘する彼女の姿を高く評価する声のほうが多くあります。

彼女のこうした発言を見ていけば、ここまでバズりフォロワーを集めれたのは斗和キセキさんがバズった事に対し面白い返しとアクティブな対応をしている結果だということがよくわかりますね。

斗和キセキさんでなければ、ただアストレイレッドフレーム改に似ているというだけでここまでの人数を楽しませることはできなかったでしょう。

斗和キセキが嫌いという声はガノタ(ガンダムオタク)から?

斗和キセキの大ヒットは、多くのVtuberが「背中になにか背負うとバズるらしい」と便乗するというブームを生みだしました。

なかなか暗い話題の多いVtuber業界。久しぶりに明るくただ面白いネタが出たことは、とても喜ばしいことかと思います。

そんな明るいブームを生み出せたのも、アストレイレッドフレーム改に似ていると言われまくる斗和キセキさんのリアクションが面白いからですね。

 

ただその反面、大きくなりすぎた彼女に対し厳しい意見を出す人も。

斗和キセキさんは、全然ガンダムを知らないガンダム素人。それに対しガンダムにはまってほしいという意見がガノタの中から多数出て、その中でこうしたきつい意見まで出るようになってしまったのです。

ガンダム業界の大物登場

斗和キセキを吊し上げたガノタに対し、GのレコンギスタのGセルフのデザインを担当したあきまんさんがリプライをつけています。

斗和キセキさんのことは、サンライズが話題にしたりと業界の大物が何人も反応していますよね。

実際、斗和キセキさんに嫌な絡み方をするガノタは多く、心配の声が寄せられています。

全てのガンダム好きが迷惑をかけているわけではありませんが、厄介な人がかなり目立っているようです。そういえばバーチャルジャニーズが登場した時も、一番叩いていたのはジャニオタでしたね。

まとめ

斗和キセキさんは、予期せぬガンダム論争を生みだしてしまいました。

それはやはり、一部の言い過ぎるガノタのせいだと言えるでしょう。

 

でも、こんな手に負えないバズりに対ししっかり対応できる斗和キセキさんって凄いと思いませんか?

しかしバーチャルジャニーズにしろ、けものフレンズにしろ行き過ぎた信者は怖いですね。

 

今彼女の周りは、ガノタが迷惑をかけ斗和キセキさんのファンが嫌な思いをし、ガノタを叩く人にガンダム好きが嫌な思いをするという複雑な状況にもなりつつあります。

この状況でどう立ち回るか、そして今後どのようにつなげていくのか。斗和キセキさんはいろいろな意味で、今一番注目度の高いVtuberと言えるでしょう。