【畜生】けもフレ2のキュルルは吉崎観音から見たたつき監督【クズ】

放送前から炎上を続けている、けものフレンズ2。その炎上の原因とも言えるキャラクター「キュルル」に対して今、ある説が出てます。

その説はけものフレンズのキャラクターの生みの親である吉崎観音から見た、アニメ一期監督たつきの姿をキュルルに投影しているというもの。

なぜ、そのような説が生まれたのか。

 

本日はけものフレンズ騒動の黒幕に迫る、特集です。

キュルルはたつき監督をモデルにして作られた?

前作の主人公かばんちゃんとは違い、ヒトの悪い面ばかり見せているキャラクターであるキュルル。

元々「スケブ太郎」「劣化版ちゃん」と嫌われてきたキャラクターですが、先日放送された第9話でのイエイヌへの態度で更に嫌われアンチの数を増やしてしまいました。

そんなキュルルは「人間の悪い面を象徴して作られたキャラクター」「心のないロボット」などいろいろな説を立てられています。

 

そして現在、あちこちで言われだしたのは「キュルルは吉崎観音から見たたつき」という説。

カドカワと仲違いし、今回のけものフレンズ騒動の大元となった前期監督の悪い面を投影しているという説です。

なぜたつき監督はキュルルと言われてしまうのか?

現状、たつき監督は神聖化され「たつきこそけものフレンズ」と言われるほどに支持を得ています。

逆に吉崎観音はたつき監督を「嫉妬」で追い出した黒幕とまで言われるありさま。

 

ただちょっと冷静に見てみると、たつき監督は被害者だと言われているもののその裏付けは取れておらず、吉崎観音黒幕説も憶測でしかありません。

客観的な意見として「たつき監督はけものフレンズというコンテンツに対して優しくない」という指摘もあります。

 

確かに言われてみれば、たつき監督は一度は自分が監督を努めた作品に対し、解任された後けものフレンズというコンテンツに対しプラスになる発言はしておらず、応援する素振りは見せていません。

そこに対して一部の人達が、どんな事情があるにせよたつき監督が、本来であれば制作陣同士で解決しなければならない話に対する愚痴を出したせいで荒れているのだから、嘘でもいいから二期に応援コメントを寄せてほしかったと、たつき監督の姿勢に対し大人げないという指摘をいれているわけですね。

もちろん大人げないのはたつき監督だけではないと思いますが、現在、ネット上ではたつき監督に異論を唱えるとすぐに叩かれてしまう状態……。

二期の監督が決定した際、まだ放映前にもかかわらず「たつきを返せ」と二期監督に言い寄るたつき信者たち。

そんな異常な状態に対し、なにか一言くらい言ってほしい、今のやり方は無責任すぎるという思いを持つ人がいるのは仕方がないような気がします。

事実、たつき信者と呼ばれるような人たちの行き過ぎた行動は、彼のアニメ「ケムリクサ」を楽しみたいというファンですら苦しめられているわけですからね。

 

そうした彼の行動から、たつき監督も人間性に問題あるという声が広がり「キュルルはたつき監督をモデルにしている」という説が出てきたのでしょう。

監督という立場から「問題に触れないスタイル」ならばまだ良いのですが、自分の言いたいことや嫌だったことをいまいちはっきりしない形で投げ、論争を引き起こすことだけはするたつき監督。

その姿が、キュルルの姿に重なってしまったのかもしれません。

大多数が唱えるのは「キュルル=吉崎観音 イエイヌ=たつき」説

吉崎観音から見たたつき監督を投影したキャラクターがキュルル。

この説を唱える人は、そう多くはありません。元々悪いイメージのないたつき監督ですから、こうした話が広がりにくいのでしょう。

 

逆に多く言われているのは「キュルルは吉崎観音が自己投影したキャラクター」という説。

そしてイエイヌは、たつき監督を投影しアニメの中でもいじめを行ったという説です。

 

イエイヌをたつき監督としていじめたというのは、少々強引な気がしますが、キュルルには過去の吉崎観音作品に共通するようなキャラクター性を感じるという人も多くあながち嘘ではないのかもしれないとも思えてきます。

吉崎観音も余計な一言を言う人だった(2019/3/15追加)

ツイッター上では黙っているイメージのある吉崎観音。そんな彼はけものフレンズ一期放送中に明らかに余計な一言をツイートしています。

このツイートは後に、たつき監督を追い出した黒幕は吉崎観音説につながる要因の一つとなりました。

※この件は、ここで触れておくべきことだと思いましたので追加させていただきました。詳細は以下記事をどうぞ。

まとめ

キュルルたつき監督説、キュルル吉崎観音説。

どちらにせよ今回の説には、たつき監督が正しいだとか、吉崎観音が黒幕だとかではなく、作品に制作陣のゴタゴタ、ファン同士のいざこざを持ち込まないでほしいと、ただ普通にアニメを見たかっただけの層のいらだちが込められているような気もします。

こじれにこじれ、もはや炎上を見るためのコンテンツと化しているとも言えるけものフレンズ2。

 

いい加減真実を明らかにしてほしいという思いを持つ人は、多数いるのでしょう。

確かにここまで制作陣の事情に巻き込まれ、開始前からファンやアンチが対立しているアニメもないですもんね。

制作に関わった「大人」たちが冷静な対応ができていない以上、視聴者がまともな視線でけものフレンズ2を見ることを願うことは、無駄なことなのかもしれません。

 

畜生クズキュルル
出典:Twitter検索結果より

特にキュルルのファンは、もうネット上では好きに発言をすることはできないでしょう。

ツイッターで「キュルル」と検索しようとしても、畜生だとクズだかすごい言葉が並んでいますからね……。