最終回目前!けもフレ2ファンによるケムリクサ感想が悲惨

いよいよ最終回を迎えるたつき監督の、ケムリクサ。

そのあまりにも高い評価に、多くのけものフレンズファンが悲惨な感想を残しています。

 

放送時期がかぶり、直接対決となった今季アニメ。

一体どんな結末を迎えるのでしょうか?

 

本日は、そんなけものフレンズ2とケムリクサの最終回直前の今をお届けしていきます。

先攻となるケムリクサ最終回、すでに二期を求める声が

3月27日に放送される、ケムリクサ最終回。

けものフレンズ2は翌週月曜日に最終回を迎えますので、ケムリクサが一歩先に完結することになります。

 

現在ケムリクサは、たつき監督が担当したけものフレンズの11話ショックを思い出させるような展開を迎えており、多くの人が最終回に期待の声を寄せています。

 

エンディングなどの高度な演出からも、たつき監督の評価は更に高まったと言えるでしょう。

二期をやってくれという声なども多く、ケムリクサでたつき監督の実力ははっきりと証明されたといえます。

けものフレンズのヒットをまぐれ、けものフレンズというコンテンツがたつき監督の良さを引き出しただけと、いろいろな意見がありましたが、どれも間違いだったという結果ですね。

 

一方けものフレンズ2は9話で大炎上、10話で少し評価を取り返したもののアンチも喜べてしまうような微妙な結果に。

現時点の結果だけ見れば、けものフレンズ2とケムリクサの直接対決はケムリクサの圧勝となっています。

この結果を覆すためには、けものフレンズが残り二話で伝説になるような展開を見せ、ケムリクサの最終回が大失敗とならなければなりません。

 

そして万が一作品で勝っても、ここまで起こしてきた数々の制作陣の問題が消えるわけではないので、けものフレンズというコンテンツの汚れたイメージは消えることがないでしょう。

ケムリクサに対するけものフレンズファンの悲しい感想

監督の手腕と人間性が問われた、けものフレンズ

大きく開いてしまった差に、多くのけものフレンズファンが悲しい感想を残しています。

 

あちこちから聞こえてくるケムリクサを絶賛する声。11話をけものフレンズ一期の名場面に重ねた感想など、現在TwitterをはじめとするSNS上は、けものフレンズファンからすればかなり苦しい状況となっています。

現在けものフレンズ2を視聴しているファンは、あの9話を乗り越えたファン。10話で少しだけ評価が回復した直後の、ケムリクサ11話の産み出した高評価はかなり痛く感じた人も多くいたようです。

大半の人は、単純にケムリクサを絶賛していたのですが、一部の人達は無理してケムリクサを叩こうとしたりしていたりもしていました。

面白いことを受け入れたくないというような声もありましたね。

 

 

他にも羨ましいという感想も。

いろいろ見ていくと、ケムリクサに対してけものフレンズ2のせいで拒絶反応が出てしまっている人が意外と多いことがよくわかります。

 

直接お話を伺った方の中には、ケムリクサを見ているとけものフレンズ2を見ていることを煽られている気分になってつらいという意見も出ていました。

ケムリクサ
出典:https://www.youtube.com/watch?v=jyrXuDw0ftQ

ファンの気持を考えると、けものフレンズ2の放送とケムリクサの放送をかぶせてしまったのは大きな失敗だと言えるのではないでしょうか?

  • ケムリクサ最終話 3月27日
  • けものフレンズ2最終話 4月1日

けものフレンズ2の最終話がエイプリルフールなのも、なんだかけものフレンズ2は嘘だったと言われている気がして悲しくなってきますね。

 

どう考えてもケムリクサが圧勝する姿しか想像できない、最終話対決。けものフレンズ2が酷すぎてあたりまえのことのように思えますが、ついこないだまで無名だったたつき監督が、あの吉崎観音に勝つと考えるととんでもないことですよね。