聞け、牡丹きぃTwitter炎上に便乗する「ハイエナVtuber」達よ

大炎上の後復活、再び炎上し消えようとしているVtuber牡丹きぃ。

彼女自身に問題も多く、叩かれるのは仕方のないことかもしれません。ただ、牡丹きぃの炎上騒動がVtuberではなく別のジャンルで起きていたら、ここまで執拗なバッシングを受けることはなかったような気がしませんか?

 

「牡丹きぃがここまで叩かれてしまっているのは、Vtuberだから」

 

本日は牡丹きぃがなぜ徹底的に追い込まれなければならなかったのかという理由を、諸事情により語れる範囲となってしまいますが、掘り下げていきたいと思います。

牡丹きぃの炎上したのは牡丹きぃのせいなのか?

牡丹きぃが炎上したのは本人の問題。

今多くの人はそう見ており、牡丹きぃはかなりきついバッシングを受けています。確かに牡丹きぃは発言や行動に多数問題があり、叩かれない理由はありません。

ただ冷静に振り返っていくと、Vtuberという存在が彼女のことを追い込み、必要以上に失言させ炎上させていったという構図も見えてきます。

 

先日特集したとおり、現在Vtuberの「業界」と呼ばれる界隈ではVtuberに対し周囲が必要以上に甘い対応をするという特殊な環境ができあがっています。

その甘さは、ある程度の炎上までは謝れば簡単に許されてしまうほど。許されなくても、他のジャンルに比べるとかなり多い数の擁護派が登場してくれます。

問題を起こしても許される。そこに甘えているVtuberは多数存在するのをご存知の方は多いのではないでしょうか?

 

逆に、問題がVtuberではなく運営側にあったりすると、かなり厳しく叩かれ「二度とVtuber業界に出てくるな」というような声も上がるほどの状況になってしまうのですけどね。牡丹きぃ騒動も、最初起きた時は運営が徹底的に叩かれていた事をみなさんもご存知かと思います。

これはVtuberならではの文化でしょう。

 

ではなぜ今、守られるはずのVtuberである牡丹きぃはここまで叩かれてしまっているのか。その理由も、やはり牡丹きぃがVtuberだからなのです。

Vtuber運営が叩かれる風潮の変化

実は最近ではVtuberの運営側の中でも支持される人物が出てきているなどの影響で、運営をむやみに叩くのはやめようという動きが出ています。

牡丹きぃ騒動よりも前に起きたアズリム騒動の頃より、運営に対する風当たりは柔らかくなったと言えるでしょう。

 

そして現在、牡丹きぃは「騒動を起こした自分を拾い上げようとしてくれた運営に泥を塗った」という理由で叩かれていたりします。つまり牡丹きぃは最悪のタイミングで、運営に対し不適切だと思われる行動をしてしまったわけですね。

 

Vtuberをただ甘やかすやり方から、運営の都合を意識できるように成長しつつあるVtuber業界。その動きに賛同している人達からすれば、ちょうどいいタイミングで、牡丹きぃが問題を起こしてくれたことになります。

その流れで「Vtuberを甘やかすな!」と言いたい人たちがこの騒動に便乗し、牡丹きぃを叩いているわけですね。

業界を語りたがるVtuberたち

Vtuberになるのは非常に簡単です。

よくイメージされる3DCGの動く体がなくとも、落書きのようなイラスト一枚だったり、中には自分自身をそのまま映像に出しVtuberと言い張り認められたりしますので、誰でもなれると言っても良いでしょう。

だからこそVtuber人口は今異常な数に膨れ上がっています。

そのスタイルは本当に様々で、いまだかつでないほど多くの趣味嗜好を満たすコンテンツとなりました。

 

ただ今、その中のある二つのタイプのVtuberの存在が、牡丹きぃが必要以上に叩かれている大きな原因となっているのはご存知でしょうか?

 

まず、1つ目は「人に良いアドバイス」をしたがるVtuberたち。

Twitterで過去の功績をちらつかせ、あなたも成功できるとアドバイスを日々ツイートする人。月額の情報配信サービスを利用し会員に自己啓発のような内容を買わせる人。

そういう人たちのちょうどよい話のネタとして、牡丹きぃが消費されているわけですね。

そして、その情報発信者のファンたちも、牡丹きぃを叩く側に回っているというわけです。

 

もう一つの理由として、「業界」を語りたがるVtuberたちの存在があります。個人個人ではなくVtuber全体を一つの業界と捉え、どうすれば良くなる、どうすれば悪くなると語りたがるタイプですね。

その数はとても多く、中にはコラボ、グループという形を取り、業界を良くするための活動をすると語りだす集団もできているほど。

 

そうした勢力からは、牡丹きぃはVtube業界のイメージを悪くした犯人として捉えられ、かなりきつい攻撃を受けています。

ただ実際に業界について語りたがる人達を見ると、まるで情報商材屋のような怪しい話をしているだけであったりと、その発言自体がVtuber業界のイメージを悪くしかねないことばかり言っている人たちがほとんど。

牡丹きぃが、そのような人たちに「Vtuber業界のイメージを悪くした責任を取れ」と迫られているのはどうなのでしょうか?

 

こうした背景を見ていくと、牡丹きぃが暴走したのは、世間で言われている通り本人が、嘘つき、メンヘラなせいではなく、あまりにも息苦しいVtuber業界のせいかもしれないと、思えてきませんか?

 

多くの同業者が騒動をネタにし自分の信者を増やしようとしたせいで、必要以上に大きくなり、一人のVtuberを壊したかもしれない、牡丹きぃ騒動。

これこそが今のVtuber業界を象徴しているのかもしれません。

牡丹きぃ
出典:https://twitter.com/bkeygames

「世界一幸せなVTuberでした!」という言葉とともに終わりかけている、牡丹きぃという名前のVtuberから私達が学ぶべきことはと実はとても多いのかもしれません。