動物病院はブラック、医療ミスは当たり前…動物看護師が告発した真実

動物病院をやめてイラストレーターになりたい。

一見ただの転職希望者の願いに見えるこの話は、とても闇の深い話です。

 

ある24時間診療動物病院に務める、動物看護師さんが語る動物病院の真実。

拡散してほしいとまで書かれているこの切実なメッセージは、動物を飼う人全てが見なければならない大事なものだと思います。

アニメでもリアルでも続く動物虐待

最近は動物虐待を連想させる事件が続いており、動物好きが心を痛めている場面をSNS上で多数見られます。

けものフレンズ2の第9話は動物虐待を連想させ、放送時は大炎上となったことに今も苦しめられている人も多数いるのではないでしょうか?

他にもYouTuberが魚を虐待しているとしか思えない動画を上げたり、動物たちが話題作りのために利用されることはもうあたりまえになってしまいました。

 

そんな中「拡散してください」と切実な言葉とともにあるツイートが。

そこには包み隠さない動物病院の真実が、はっきりと書かれています。

 

もちろん全ての動物病院がひどいというわけではありませんが、実際に日本の動物医療の現場は思っている以上にひどいもので、このツイートの投稿者さんも言う通りウィキペディアにすら「ブラック企業化」が進んでいると書かれているほどです。

動物病院
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/動物看護師

でも、そうした事実は意外と知られておらず、今のままではどんどんブラック企業化が進んでいくことでしょう。

 

このままでは救える命も救えない。

今回のツイートが少しでも知られ、動物病院環境改善、そして動物飼育者さんがまともな動物病院を選ぶことができる世の中になることを心から願います。

見ず知らずの投稿者さんですが、真実を伝えてくれてありがとうございました。