驚愕!色変え界隈を叩く加工師!他人の絵でオリジナルを主張する人たち

アニメの二次創作などが当たり前になった今いろいろな境界線が曖昧になり、あちこちで問題が起きています。

そんな中今特に問題になっているのが加工師色変え界隈、自作ではなく他人の描いたイラストや他人の撮影した写真を「加工」して自分の作品として発表する人たちです。

こうした人達は意外と古くから存在し、ネットの普及とともに一般的になりました。

 

今回は様々な問題をはらむ「加工」についての特集です。

加工師、色変え界隈とは

加工師というのは、他人のイラストなどを「加工」して画像を作成している人たちのことです。

 

趣味としてやっている人だけでなく、中にはお金を受け取りツイッター用のアイコンやヘッダーの作成を請け負う人も。

そうした人は当然、他人の作品を勝手に使用しているので、あちこちで著作権違反だと叩かれています。

 

Twitterで加工師と検索すれば、加工師そのもの、そして加工師を募集している人たちがすぐ見つかるでしょう。自分の名前に「加工師」とつけている人も多数いますね。

加工師
引用元:Twitterアカウント検索より

アイドルの写真なんかを加工してほしいと求めている人もたくさんいますので、そこに金銭を要求する人がいるのも容易に想像できるかと思います。

 

色変え界隈とは加工師に似たようなもので、他人のイラストの髪色や服の色などを変更している人達のこと。

それをオリジナルキャラだと主張し、ネット上などで勝手に性格や名前をつけて動かしたりなど、イラストを作成した人だけでなくその作品のファンからもひんしゅくを買っています。

 

どちらもSNSで議論が起きるほどのこの2つ。

そのほとんどが、著作権違反に該当する行為です。ただややこしいのは最近は加工OKの素材を配布している公式もあるということ。そうした画像を加工したり、そうでなくとも事前に作者などに許可をとって加工することは、当然なんの問題もありません。

ただ「加工師」と名乗る人の大半が無断使用、無断転載。

加工すればオリジナルに該当し無断転載にもならないし、無断使用にもならないというふうに考えている人がとても多いというのが事実です。

二次創作なら加工しても問題ないのか?

加工師たちは、加工する事自体が価値ある仕事だと思っている人が多く、無断使用などを指摘されても聞き入れない人が多くいます。

そんな中でよく見かけるのが「元にしたイラストは二次創作。二次創作はそもそも著作権違反だから私は悪くない」というもの。

 

なかなか強引な理論ですが、二次創作もグレーなものが多いので一度言い合いになるとなかなか解決しません。加工師の中には「二次創作に対してだけ周りが甘すぎる」と主張する人も。

確かに加工師は自分の技術を使っているのにもかかわらず、二次創作と比べると叩かれやすいという事実はあります。

ただ、元が著作権違反だから自分は悪くないと主張するのは、規約違反の転売チケットを規約違反とわかりながら買う人たちとあまり変わらない気がしますね。

 

それに二次創作も種類があり、公式から許可されているもの、二次創作は二次創作で描いた人にある程度の権利があるものなどがあります。

ただ私は今まで、二次創作を叩く加工師がそこまで理解した上で意見しているのを一度も見たことがありません……。

色変え界隈を見下す加工師

最近良く耳にするのは、色変え界隈を加工師が見下し叩いているということです。

確かに色変えは加工としては単純で、本格的な画像加工とは言えないかもしれません。ただやっていることは根本的に同じなので、五十歩百歩ですね。

 

こうした問題を見ていると、多くの人が加工師、色変え界隈がやっていることが正しいことだと思っていることがよくわかります。

一番多いタイプは「悪いことだと知らなかった」という人たちでしょう。中には純粋なファン心でその行為をしている人たちもいます。

 

そうした背景をふまえると、加工師、色変え界隈、そして加工したものを購入したり、もらったりする人を含めた注意喚起が今後より一層必要になりそうですね。

 

他人のイラストや写真をアイコンにしている人がとても多数いる現代。

そこに手を加えて「オリジナルだ」と主張したりしなければ、そんなに叩かれることはないとは思うのですが……。

もしかすると加工師と色変え界隈が叩かれているのは、やっている行為ではなく彼らの「態度」の問題なのかもしれませんね。